株式会社エコスタイルが提供しているあんしん太陽子発電エコの輪について知りたい方に向けて、満足度や将来性、会社での取り組みなどについてまとめました。

あんしん太陽光発電エコの輪の太陽光発電の将来性

再生可能エネルギーの中では広く浸透している太陽光発電ですが、将来性という点ではどうなのでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪で行っている現在の太陽光発電投資の状況を確認しながら考えてみることにしましょう。

◆太陽光発電の普及率

あんしん太陽光発電エコの輪では、太陽光発電事業への投資を目的とした商品を提供していますが、今後どのような広がりをして行くのでしょうか?
太陽光発電事業への投資の将来性を考える前に、まずは太陽光発電の普及率について探ってみることにしましょう。
太陽光発電協会の発表によると、2017年現在の住宅用太陽光発電の普及率は8.3%となっています。
2007年に太陽光発電設備を設置している住宅はおよそ40万戸でしたが、2017年には230万戸にも及んでいます。戸数だけで比較すると、6倍近い伸びを示していることになります。
太陽光発電の住宅への設置を加速した理由としては、FIT法(固定価格買取制度)が施行された点が大きいと言われています。
その証拠として、2009年から10kW未満の住宅用太陽光発電システムの普及が加速しているそうです。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の太陽光発電事業投資の将来性

住宅用太陽光発電の普及率を見て来ましたが、今後も普及の伸びが期待出来そうです。
それでは、投資先としての太陽光発電はどうでしょうか?
あんしん太陽光発電エコの輪では、太陽光発電事業への投資商品の提供を行っています。
従来の土地付き太陽光発電設備だけでなく、1口1万円から投資することが出来る「エコの輪ファンディング」の募集も好調なようです。
あんしん太陽光発電エコの輪のHPでエコの輪ファンディングの募集実績と利回りが公表されています。こちらを確認すると、募集口数は全て満たしており、順調に運用しているようです。
運用後の利益配分についても、税引き前目標の5%を達成して配分が行われているようです。
電気の買取価格は値下がりしているようですが、太陽光発電装置のコンパクト化や価格の値下がりなどもあり、今後も電気の買取は行われるようですので、安定した投資先として期待されているようです。
あんしん太陽光発電エコの輪では、土地をレンタル制にした商品の提供も行われていますので、投資の選択肢がある点も今後も拡大して行くために重要なポイントとなりそうです。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で提供している太陽光発電事業への投資の将来性について考えて来ましたが、当面は安定した投資先としての地位は維持していくのではないでしょうか?