株式会社エコスタイルが提供しているあんしん太陽子発電エコの輪について知りたい方に向けて、満足度や将来性、会社での取り組みなどについてまとめました。

あんしん太陽光発電エコの輪の企業向け太陽光発電

企業にも地球環境へ配慮することが求められる社会になり、二酸化炭素の排出削減に向けた対応も急務となりつつあるようですが、予算的な面でなかなか実現できない企業もあるようです。
そこで、あんしん太陽光発電エコの輪で企業向けに提案している自家消費型太陽光発電を取り入れるメリットについて探ってみることにしましょう。

◆エコの輪の企業向け太陽光発電の特徴

あんしん太陽光発電エコの輪で企業向けに提案していますが、まずは企業向け太陽光発電の特徴について確認しておきましょう。
企業向け太陽光発電は、「公共・産業用太陽光発電システム」と呼ばれています。住宅用とどのような違いがあるのでしょうか?
太陽電池パネルを使って10kw以上の発電量がある発電設備がどうかによって、公共・産業用と住宅用に分けられるそうです。
また、10kw未満の発電量であれば個人の住宅で使用した電気の残りを売ることになります。10kw以上の発電量の場合は、発電した電気を全ての買取あるいは使用した電気の残りを売る方法どちらかを選択することが可能です。
買取期間は、住宅用は10年、公共・産業用は20年となっていますが、買取価格は公共・産業用に比べて住宅用の方が高く設定されているそうです。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の企業向け太陽光発電

それでは、あんしん太陽光発電エコの輪で提供している企業向け太陽光発電システムを利用するメリットについて見てみましょう。
地球環境問題へ貢献することも出来ますし、環境へ配慮している姿勢を表すことが出来るため、企業イメージアップにつなげることが出来ます。
発電した電気を自家消費することによって、電力料金を削減することが期待出来ます。さらに余剰電気がある場合は、売ることが出来ますので収入を得ることも可能でしょう。
また、中小企業を対象として税制の優遇措置を利用することで、税金を減らすことが出来る可能性もあるそうです。
現在、企業向け太陽光発電システムに対する助成金は地方自治体によって行われているところもありますので、事業所がある市区町村に確認してみると良いでしょう。
あんしん太陽光発電エコの輪では、企業向け太陽光発電システムの設置条件を定めているそうです。その条件として、「屋根・屋上などに合計500㎡以上の日照空間があること」そして「高圧での契約を行っていること」などが上げられています。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪で販売している企業向け太陽光発電について、住宅用太陽光発電と比較しながら特徴を確認し、導入するメリットについても検証してきました。
今後、二酸化炭素の排出規制など環境面からも、企業の太陽光発電システムの需要は増えて来るかもしれません。